4月研修会~本質を見通す判断力を養おう~ 開催!

4月19日(土)、栃木県足利市・小山市において,4月研修会を開催しました。「本質を見通す判断力を養おう」というサブタイトルを設定し、目で見て耳で聞いて肌で感じてきました。今回の視察場所は主に、足利織姫神社、NPO法人足利水土里探偵団・足利みどりエコクラブ及びいちごの里でした。
足利織姫神社は古くから織物の町で有名な足利市民間企業の有志が造った神社です。縁結びの神、また現在は萌えおこし企画である「足利ひめたま」とのコラボレーションで有名です。平塚青年会議所の一大事業である七夕の成功に向けご祈祷をして頂きました。水土里探偵団・みどりエコクラブは、活動の見学をした後、ご担当者から説明を聞きました。町興しの一環としてEM(有用微生物群)を使用して廃油を石鹸にしたり、米のとぎ汁を学校プールの洗浄剤にするな等、製作・販売まで行っておりました。子どもから大人まで楽しみながら学べ、地域の絆を深めるとともにエコにもつながる素晴らしい活動です。最後のいちごの里では、とちおとめで作ったいちごビールやパンケーキを食しました。
今回の研修を通して実際に現地に趣いて学ぶことの大切さと、もっと身近なところに目を向け地域活性化に向けてJC活動をしていく必要があることを学びました。今回の学びを日々の活動に生かしていこうと思います。
足利市・小山市の関係者の方々、ありがとうございました。


織姫神社にてご祈祷

織姫神社の説明を聞くメンバー


織姫神社からの景色 足利市が一望

NPO法人水土里探偵団・エコクラブ


水土里探偵団を見学するメンバー

エコクラブの説明を熱心に聞くメンバー


いちごの里では取れたてのイチゴが食べられます

とちおとめがふんだんに使われたパンケーキを美味しく頂きました