会員育成委員会Presents6月第2例会

奇跡の集落、鹿児島県鹿屋市柳谷、通称「やねだん」。人口300人の所謂限界集落の再生の舵取り担った豊重哲郎氏をお招きし、我々の地域における問題や、またその問題に本気で取り組む為の気概を講演していただきました。いただいた言葉の中の一つで、まちや地域を良くしていく為の気概を持ち、身を削る覚悟を持つこと、またそれを成すために生活の基盤が揺るがない土台を持つこととのお話がございました。我々青年会議所が行うまちづくりにもとてもリンクするワードです。我々はそれぞれ仕事を持つ上でまちづくりを行っています。メンバーそれぞれ高いモチベーションの上で活動していますが、身を削ると本気で言えるでしょうか、本気の気持ちを具現化できる基盤はあるのでしょうか。このように各所にメンバー一人一人が何かしら感じられるようなキーワードを散りばめた講演を拝聴し、それぞれの青年会議所、仕事、社会的立場においてそれぞれが持ち帰ることのできる例会となりました。


宮本委員長趣旨説明

講演される豊重哲郎氏


わかりやすく魂響く講演

各所にキーワードがちりばめられました


2名の新入会員が入会

新入会員 高久直輝君

新入会員 藤田一平君


神奈川ブロックアカデミー委員会
による事業PR

神奈川ブロック大会PR
県内より多くのメンバーが参集