日時:6月28日(日) 19:00~20:45 開場18:15

 

会場:ホテルサンライフガーデン5F 江陽の間(平塚市榎木町9-41)


 

▼お申し込みはページ下記のフォームから▼ ※先着200名様

お申し込みフォーム

■個人情報取り扱いについて
お申込者からご提供いただきましたお名前、ご住所、お電話番号、職業、その他お申込者個人に関わる情報は、本事業に関わる必要事項の連絡の以外は、お申込者ご本人の承諾なく他の目的には利用いたしません。

名前
会社名・団体名
役職
市・区・郡
町名・番地
電話番号
メールアドレス
メールアドレス確認
参加人数
備考

講師/竹下 和男 (たけした かずお)

■プロフィール (肩書き 子どもが作る“弁当の日”提唱者)

竹下和男(1949年生まれ 香川県)

 

■学歴   香川大学教育学部 

■職歴

香川県内の小学校9年

〃  中学校10年

香川県教育委員会 9年

平成12年度から綾川町立滝宮小学校 校長

平成15年度から高松市立国分寺中学校 校長

平成20年度から綾川町立綾上中学校 校長

平成22年度からフリーで執筆・講演活動

■研究歴等 著書 

『日本アンソロジー・安藤昌益』(光芒社・共著)2002年 

『“弁当の日”がやってきた』(自然食通信社・共著)2003年 

『台所に立つ子どもたち』(自然食通信社・共著)2006年 

『始めませんか 子どもがつくる“弁当の日”』(自然食通信社・共著)2009年 

『ひとりでお弁当を作ろう』(共同通信社・監修)2009年

『泣きみそ校長と弁当の日』(西日本新聞社・共著)2010年

『エダモンおすすめ ひとりでお弁当を作ろう』(共同通信社・監修)2011年

『できる!を伸ばす弁当の日』(共同通信社・編著)2011年

『ごちそうさま もらったのは命のバトン』(自然食通信社・共著)2012年

『一年生からお弁当を作ろう』(共同通信社・監修)2012年

『弁当づくりで身につく力』(講談社)2012年

『お弁当を作ったら』(共同通信社)2014年

■報道等

『地域に根ざした食育コンクール2003』 農林水産大臣賞

『弁当の日』2008年4月(西日本新聞社ブックレット)

『現代農業』2007年5月増刊(農文協)

『学校の食事』2006年12月~(学校食事研究会)10年目も連載中

『世界』2008年5月号(岩波書店)

『玄米せんせいの弁当箱・2・5』(小学館)ビッグコミックオリジナル

『たべものがたり』2009年3月(ダイヤモンド社)

『ごはんと笑顔フォトコンテスト』 読売新聞社賞

『月刊JA』2009年4月号~2010年3月号 巻頭カラーで1年間連載

『食育白書』2009年6月(内閣府)『日本の論点2010』2010年1月(文藝春秋)

『私の視点』2010年2月(朝日新聞)『PHPのびのび子育て』2013年10月(PHP研究所)

『第8回キッズデザイン』2014年8月 消費者担当大臣賞

ミラノ万博2015 日本館で”弁当の日”展示

毎日新聞「余録」産経新聞「産経抄」四国新聞「一日一言」NHKラジオ「ラジオビタミン」「いのちの対話」「つながるラジオ」NHKテレビ「子ども週間ニュース」「土曜フォーラム」「四国羅針盤」「となりの子育て」「サキどり」フジテレビ「とくダネ!」「テレビ寺子屋」日テレ「スッキリ」「NEWS every」 

“弁当の日”実践校は2014年度末 47都道府県約1400校。

滝宮小学校は15年目、国分寺中学校は12年目、綾上中学校は8年目と“弁当の日”は継続中。