第2回平塚ダボス会議が開催されました。~平塚JCも協力。~

 ダボス会議とは、様々な分野で活躍している有識者が一堂に会し、テーマについて議論して連携していく場のことです。本年のテーマは「子供は地域の鏡、大人は何ができるのか?」でした。そこで平塚青年会議所として、地域の問題や状況を学び、今後の運動の充実につなげていくよい機会となりました。

平塚JCメンバーは受付を担当しました。

落合平塚市長と河野実行委員長による

オープニングセッションです。

基調講演 『「メシが食える大人」に育てる』

高濱正伸氏(花まる学習会 花まるグループ代表)


会場は満員でした!!

みなさん真剣に聞き入っていました。

お弁当の引き換え準備完了です☆

お弁当は「自分で作るお弁当コンテスト」

最優秀賞作品です。


ランチミーティング開始!
「地域の絆が育む子供のちから」

パネリストに 栗木 雄剛 氏
(平塚市立大住中学校 校長)

進行を 城田 孝子 理事長
が務めさせていただきました。


栗木校長より学校と地域のつながりの必要性をお話しいただきました。

我々メンバーも美味しいお弁当を頂きながら拝聴。

ワークショップ用に机を並びかえ次へ。


真剣に平塚市のことを考えています。

今、私たちにできることは・・・・。

個人の思いをグループの願いへ

どのグループも熱い討論会でした。


いろいろな思いから見えてくる

新しい取り組みのアイディアがありました。

最後に会場全体で

アイディアの共有をしました。

クロージングセッション

金子 誠 平塚市教育長


クロージングセッション

河野 太郎 実行委員長

実行委員長よりご挨拶いただきました。

第2回平塚ダボス会議

平塚JCも協力できてよかったです。