3月10日、ひらつな祭に参加しました。

3月10日、ひらつな祭に参加しました。

被災地支援と地元の防災力強化のために
「ひら」つかで「つな」がろう!

この平塚で暮らす人と人が繋がり、いざという時に助け合えるようにと始まった「ひらつな祭」。
2011年東日本大震災後から開催し、今年で8回目を迎え、
今年のテーマは「災害から身を守るスイッチON!」

ということで、平塚青年会議所は
AR技術を用いた災害疑似体験ブースを出展させて頂きました。
もしも平塚が津波に襲われたら...という設定で、
箱の中のスマートフォンを覗くと、
胸の辺りまで浸水している疑似体験が出来るというもの。
そんな状況下に置かれたとき、あなたならどうしますか?

そして、平塚市・平塚市社会福祉協議会・平塚青年会議所の3者による、災害協定調印式が執り行われました。
有事の際には、互いに協力し合い、強い絆とネットワークを活用し、
一人でも多くの人を救えるよう尽力する事を誓い合いました。

多くの被害をもたらした東日本大震災からはや8年。
被災地では今でも復興作業が進められ、困難な生活を送っている被災者も少なくありません。
1日も早い復興を祈ると共に、いずれは自分の地域も災害に襲われるかもしれないという
危機感を持ちながら、日々の暮らしの中で災害に備える事が必要です。
平塚青年会議所は、これからも地域の方と手を取り合い、
絆を深め、万一の災害に備えて参ります。

ページトップ


公益社団法人 平塚青年会議所
所在地/平塚市松風町2-10 平塚商工会議所内
TEL/0463-21-6474
FAX/0463-21-7393  MAIL/hjc@mb.scn-net.ne.jp  WEB/http://hiratsuka-jc.com

copyright©2018 Junior Chamber International HIRATSUKA all rights reserved.