地域企業・地域住民・子どもの連携「ぷちやわた」への道のり

■事業名:ぷちやわた

■日時:10月23日 9:00ー14:30

■場所:八幡小学校 体育館
ぷちひらつか
10月23日に初開催される「ぷちやわた」…平塚青年会議所では「地域版ぷち事業」と呼ばれている10年間継続している運動の1つです。

「地域版ぷち事業」について説明する前に「ぷちひらつか」について説明します。ぷちひらつかは地域住民の気迫な人間関係という社会問題解決と将来の子ども達の育成を目指して2006年に平塚青年会議所が開始した事業です。平塚・大磯・二宮の小学生を対象にして、たくさんの地元の企業が1ヶ所に集まって職業体験をするという内容です。豊洲にある「キッザニア」の平塚版と表現するとイメージしやすいかもしれません。開催場所も海・商業施設・駅前商店街と平塚らしい場所を活用して開催してきました。そして、2010年から同様の事業を行っていた平塚商業高校と共同開催になり、現在では高校の授業の一環として、学校を利用して高校生が企画・運営するものへと発展しています。

そして、私たちはぷちひらつかの運動範囲を「まち」から「地域」に絞り、地域住民の絆づくりを目指した地域密着の事業として「地域版ぷち事業」を開始しました。2012年になでしこ地区で「ぷちなでしこ」を地域版ぷち事業として初開催し、現在では予算から運営まで地域の方々で独立した開催が実現しています。

地域版ぷち事業の波及は他地域へも広がり、2015年には大磯町で「ぷちおおいそ」が開催されました。そして、今年は八幡地区で「ぷちやわた」の初開催が実現いたしました。
ぷちなでしこ

八幡地区、2年越しの思いがようやく実る!

実行委員会の様子
初訪問以来、八幡地区の一部の方々から湧いてきた「ぷちやわた」開催への熱い思い…

2年という年月をかけ、じっくりと醸成してきました。そして、八幡地区の様々な団体を巻き込み、地域が一丸となって「ぷちやわた」開催が実現しました。

実行委員会では活発な意見交換が繰り広げられ、初開催とは思えないぐらい地域の方々の意気込みが感じられます。
「ぷちやわた」には八幡地区ならではの大きな特徴が2つあります。

1つ目は、子ども会議が充実していることにあります。子ども会議とはブースの社長としての役割を担った子どもリーダーのための会議です。そこでは、働くことについて考えたり、自分たちの仕事内容を理解したり、出展準備などを行い、責任を持って当日を迎える準備をします。また、ブース協力をして頂く企業へのインターンシップの実施も行います。

もう1つは、工業地域として知られる八幡ならではの大企業が出展をしていることも挙げられます。ご協力頂いている地元企業ならではの職業体験はもちろんですが、大企業ならではの職業体験は大きな魅力かもしれません。

実行委員長:高橋様

子ども村:馬鳥様

地区在住JCOG:堤先輩

JC担当委員長:高久くん


ぷちやわた出展協力者リスト

担当する高久委員長率いる地域共育委員会は、昨年より八幡地区の方々と水面下で打ち合わせを頻繁に繰り返してきました。そして、メンバーそれぞれの繋がりや青年会議所としてのネットワーク、地元の方々の協力によって出展協力者を募りました。

 

出展協力者は様々な方法で本事業へご協力を頂いています。インターンシップの受け入れ、原材料費のみの仕入れ、当日のスタッフ手配、食材・物資協賛などのご協力があり当日の職業体験が実現しています。

 

尚、地域版ぷち事業は、地域の特徴を生かした地域らしさが特徴の1つです。そのため、八幡地区のように実際の企業が参加しなければ地域版ぷち事業が開催できないというわけではございません。地域の方々の得意分野を生かしての出展、中学校や高校の部活動、農業が盛んな地域の農業体験など、その地域らしい内容での開催を目的にしています。

地域版ぷち事業の詳しい説明はこちらから

ページトップ

公益社団法人 平塚青年会議所
所在地/平塚市松風町2-10 平塚商工会議所内
TEL/0463-21-6474  FAX/0463-21-7393  MAIL/hjc@mb.scn-net.ne.jp  WEB/http://hiratsuka-jc.com 

copyright©2016 Junior Chamber International HIRATSUKA all rights reserved.